私の時間資源

人生企画を立てるに当たって、最も重要な儀式は、人生を終える日、

つまり死ぬ日を考えておくことです。

それは、あと何年生きられるかを考え、残り時間で何をするかを

真剣に見つめることを意味します。人生もビジネスもプロジェクトの

完了日までに何を達成するか、同じ意味を持つと言えるでしょう。

ちなみに、私はどうしても成し遂げたいことがあと5つあります!

 

よく人は皆生まれながらにして平等と言われますが、実際には平等

であることは限られています。資産家の子として生まれた人もいれば、

政治家の子として生まれた結果、幼少期から政財界に人脈がある人もいます。

芸術家のように才能が早くから芽生える人もいます。

 

しかし・・・、1日24時間。

 

これは誰にでも平等にあります。1日26時間の人もいなければ

10時間の人もいません。すべての人に24時間が与えられています。

この時間は限られていますが、この時間という資源を有効に活用できる

人が成功への道を歩むのです。

 

これからの人生をいかに楽しく、豊かに過ごすか。

一緒に人生を考えていきましょう。

「時間の使い方」「時間への取り組み方」で人生は大きく変えていくことができます。

 

jikansigen