銀行用の事業計画書とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『銀行用の事業計画書とは』
…相手のニーズを汲み取った計画書を作成しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事業計画書は、自身の経営の羅針盤として、従業員と方針を共
有する資料として、金融機関に提出する資料として、作成され
ます。作成する目的はそれぞれ違いますので、内容もそれぞれ
違っていて問題ありません。

■ 経営の羅針盤として作成する計画書
事業計画書は、社長自身の経営の羅針盤として、会社の経営戦
略や目標をまとめるために作成されるケースが最も多いです。
この場合、読み手は自分自身ですので、自分が実現したい計画
を目標レベルで作成します。しかし、計画書を完成させること
より、自社の未来を思慮深く検討することに価値がありますの
で、様々なケースを想定して、幾通りも計画を立てましょう。
また、一度立てた計画に固執するのではなく、現実にあわせて
こまめに塗り替えていくことをおすすめします。

■ 従業員と方針を共有する資料として作成する計画書
総じて、経営者のビジョンが明確で、かつ従業員とビジョンが
共有されている組織は強いです。事業計画書は、経営者と従業
員の間で目標を共有するためのツールとして作成されることも
あります。社員一丸となって頑張ることが目的ですので、目標
数値はやや高めに設定します。一度立てた計画は、会社の決算
に合わせて1年間は固定し、年度ごとに見直すのが一般的です。

■ 金融機関に提出する資料として作成する計画書
金融機関からも事業計画書を求められます。金融機関が計画書
を求める理由は、貸したお金が返ってくるかどうかを検証する
ためです。従業員のモチベーションを上げるために作成した超
ポジティブな計画は、確かに潤沢な利益が出るため、机上では
返済が容易になりますが、肝心の金融機関からは、実現可能性
が低いという評価を受けます。金融機関に対しては、大きな利
益が出る計画より、最低限返済が可能な保守的な計画を提出す
る方が喜ばれます。但し、金融機関といっても、上場益を狙っ
ているベンチャーキャピタルに保守的な計画書を提出しても相
手にされません。相手のニーズによって計画書は変わります。

計画書をいくつも作ることを良くないことと考える経営者様も
いらっしゃいますが、1,000万円の資金を使う前提で立て
る計画と、1億円の資金を使う前提で立てる計画は違って当然
です。

自身のための計画書は現実的な目標数値で作成する・・・
従業員と共有するなら努力目標の数値で作成する・・・
銀行に提出するなら保守的な数値で作成する・・・

商品やサービスと同様、相手のニーズを汲み取った計画書
が評価されるようです。

経営コラムの最新記事