『次世代経営人材育成(大人の武者修行)補助金について』

次世代経営人材育成(大人の武者修行)補助金は、中小サービ
ス事業者が、次世代を担う人材を社会人インターンシップとし
て優良企業の現場に送り、2週間(実働8日)以上の実地体験
型研修を通じて優良企業のサービスイノベーションの極意等を
学ばせる場合に、研修費等の一部を支援する補助金です。

将来、経営を担うことが期待されている「次期経営者」「次世
代経営者」の方にお奨めの補助金です。

概要をみておきましょう。

■対象企業
次のいずれにも該当する企業が対象となります。
(1)中小企業であること。
中小企業法に定める中小企業に該当する企業が対象です。
例えばサービス業の場合は、資本金の額又は出資の総額が5千
万円以下の会社、又は常時使用する従業員が100人以下の会
社及び個人事業者が対象となります。
(2)サービス業であること。
日本標準産業分類における情報通信業、運輸業、卸売・小売業、
不動産業、飲食店、宿泊業、医療、福祉、教育、学習支援業、
サービス業(他に分類されないもの)が対象です。

■研修対象者
経営者が将来の経営人材として育成したいと考えている自社の
従業員が対象です。(役職は問いません)

■研修先企業
「ハイ・サービス日本300選」「日本経営品質賞」「おもて
なし経営企業選」等に選ばれた企業で、この事業に賛同する全
国各地の100社を超える優良企業が研修先です。

■補助対象および補助金額
次の費用について最大200万円の補助があります。
(1)研修費
受入企業に支払う研修費(1名につきひと月9万円)のうち6
万円の補助があります。
※研修期間が1か月に満たない場合は日割り計算となります。
(2)交通費
座学参加や受入企業までの交通費等の実費の2/3の補助があ
ります。
(3)滞在費
受入企業での武者修行にかかる滞在費実費の2/3の補助があ
ります。

■応募期間
平成29年1月13日まで随時受付しています。

書籍などで優良企業の取組を断片的に知るのではなく、社内の
次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り込み、一緒に汗を
かきながら働くことを通じて、優良企業の風土を内側から体感
し、自社との違いを学ぶことができます。

申込方法等の詳細については、サービス産業生産性協議会のホ
ームページでご確認ください。
http://shugyo.jp/

経営コラムの最新記事