『代位弁済について』

知識を役立てる機会はないかもしれませんが、もし、現在利用
している信用保証協会の保証付き融資が返済できなくなった場
合、その後の手続きがどのように進められるかをご説明します。

先日あったご相談内容です。「信用保証協会の保証付き融資を
銀行から受けているが、業績が良くないためリスケをしており、
さらに、金利すら延滞している。銀行の担当者から保証協会に
事故報告を上げると言われたが、何か良い調達方法はないか?」

正直この段階でご相談に来ていただいても手の施しようがあり
ません。新たな調達は難しい旨を丁寧にご説明しました。する
と、社長様は吹っ切れた様子になり、今度は、「このまま支払
えなかった場合はどうなるのか?」ということについて、熱心
にご質問を始められました。

Q1.このまま支払えない場合はどうなるのか?
A1.延滞が続くと最終的には代位弁済となります。

Q2.代位弁済とは何か?
A2.貴社の借入については、信用保証協会が保証をしていま
すので、貴社が返済できなくなった時点で、信用保証協会が貴
社の代わりに銀行に残債を支払います。これを代位弁済といい
ます。

Q3.代位弁済の手続きは自分でするのか?
A3.代位弁済は、銀行から信用保証協会に請求するものです
ので、貴社が手続きをすることはありません。

Q4.代位弁済の後はどうなるのか?
A4.銀行の借入がそのまま信用保証協会に移る形になります
ので、代位弁済後は銀行ではなく、信用保証協会に対して返済
を行っていきます。

Q5.返済金額はいくらか?
A5.担保を差し入れている場合は、担保を処分して借入金の
返済に充てる方向で手続きが進められます。担保を処分しても
なお残った残債や、そもそも無担保で借り入れている場合は、
利益の状況にあわせて返済額が決まります。

Q6.代位弁済というのは倒産のことか?
A6.倒産ではありません。代位弁済となっても、その後信用
保証協会に少しずつ返済をしながら、事業を継続している企業
様は多くいらっしゃいます。

最後は、「事業は継続できるのですね。」と少し安心されたご
様子でした。

業績が悪化し、支払いに追われている状態では、平静を保つの
も難しくなります。しかし、今後起きることが分かっていれば、
多少なりとも不安をやわらげることができます。事業の失敗は
誰にでも起こりうることです。感情ではなく知識に頼ってくだ
さい。

経営コラムの最新記事