『経営体が患う4大疾病の一つ『分散症候群』という疾病の正体は…』(その1)

■経営体(そもそも世の中)の諸々はすべて、時間の経過とと
もに複雑な方向に、増える方向に動きます。世の中のベクトル
は複雑化・増加であって、単純化・減少ではありません。従っ
て、自然に物が増え、書類が増え、手続きが複雑になり…高コ
ストになります。品揃えが増え、在庫が増え…総花的になりま
す。弱くなります。人は仕事が増え(自らが増やし)…多忙に
なります。故に、強烈に意識しない限り、時間が経過するごと
に会社はややこしくなります。弱くなります。長時間労働や生
産性・収益性の低さの主たる原因の一つはこれが原因だと思っ
ています。

■この様に、複雑化・増加のベクトルに巻き込まれ、対応でき
ていないがゆえに生産性・収益性の低さを招いている状況の経
営体を『分散症候群』と呼びます。

『分散症候群』の経営体には、以下のような症状が現れます。
1.社内の動きが遅く(悪く)なる。〔  〕
2.オペレーションのミスが多くなる。〔  〕
3.経営コストが割高になる。〔  〕
4.商品、サービスが総花的で特徴がない。〔  〕
5.頑張っているのに儲からない。〔  〕
6.新しい商品、サービスを創造できない。〔  〕
いかがでしょうか?

■『分散症候群』という疾病を整理します。

○商品やサービスの幅を広げ過ぎて、マーケティングが曖昧に
なる病です。誰に・何を売るかがぼやけてしまっています。
○原因
商品の品揃えやサービスの幅を持たないと売れないとの思い込
みが原因です。企業は何もないところから始まります。このス
テージでは品揃えの強化や幅が必要です。しかし、一定のレベ
ルを越えたあたりから、商品の品揃え、サービスの幅、事業領
域を絞りながら成長を遂げるべきです。拡大は面を広げること
ではなく、面を狭めて深堀することです。このあたりが誤解さ
れています。だからこの病気が蔓延するのでしょう。
○症状
経営資源が分散され、社内のありとあらゆるものが複雑になる
ため、動きが悪くなります。対応が遅くなり、ミスが多発し、
全体にコスト高になります。各商品やサービスの磨きこみも十
分でなく、総花的な品揃え、サービスを提供しており、これと
いった強みもありません。

■『分散症候群』への対応は…止めて・減らして・集中して・
尖ることです。これを『単純化(Simple化)』と定義します。

○対策は…
すべてを単純化(Simple化)することです。
1.減らすことです。絞り込むことです。
2.自社の強み(ツキ)を探して特化することです。

■経営体は大きく4つの疾病を患っていると思っています。
その有病率は決して低くありません。

◆病名1:分散症候群  …有病率50%
◆病名2:安売り症候群 …有病率50%
◆病名3:前のめり症候群…有病率30%
◆病名4:お人好し症候群…有病率60%

◎これらの疾病に対する処方箋が以下です。

   【SP(Simple&Profitable)経営 基本方針】

◆第1条:すべてを単純(Simple)にすること。
◆第2条:高収益(Profitable)な企業作りを目指すこと。
◆第3条:変化に対応できる柔軟性(Flexible)のある企業体を
     維持すること。
◆第4条:経営判断を明確に(Clearly)にすること。

…次回号につづきます。

経営コラムの最新記事