『社長にはビジネスモデルの構築責任があります。』

■仮に、同じ能力を備えた5人の従業員が2チーム(赤組と白
組)あったとして、また、スタート時の資金力などの経営資源
を同じにして、この同じ能力のチームを2人の社長(A社長が
率いるA社と、B社長が率いるB社とします。)がそれぞれ雇
用して経営を行ったとき、A社とB社の3年・5年・7年後の
経営成績は同じではありません。それどころか、全く違うもの
になっているでしょう。A社とB社で社長が違うからです。

■例えば…

◆ポケモンGOの例で解説します。
○レベル1
・ポケモンGOって何?関係ないと考える社長
・ポケモンGOで遊びほうける社長
○レベル2
・早々にルアーモジュール(使用した場所周辺に30分間ポケ
 モンが出現する。)等を活用して、自店に集客を図ろうとす
 る社長
・充電器をいち早く販売しようとする社長
○レベル3
・ポケモンGO(任天堂)と業務提携する社長
○レベル4
・ポケモンGOの開発・販売に当初からかかわる社長
○レベル5
・そもそもポケモンGOを開発・販売する社長

◆不動産業の例で解説します。
○レベル1
・値上がりしそうな土地を従業員総出で我武者羅に探して仕入
 れる社長
○レベル2
・大規模な開発情報を探して、それを見込んで近隣の土地を仕
 入れる社長
○レベル3
・安い土地を仕入れて、自社で大規模な開発を仕掛ける社長

◆製造小売業の例で解説します。
○レベル1
・何処にでもあるものを値切られながら従業員総出で販売する
 社長
○レベル2
・薄利ではあるが、営業が上手でたくさん売れる社長
○レベル3
・レアな商品、高くてもどんどん売れる商品を作れる社長

■自社の事業に置き換えて考えてみましょう。

少しでも高いレベルに立ち位置を取った方が事業はうまく行き
ます。どの立ち位置の会社なのか、より上位の立ち位置を模索
する社長なのか?この違いが会社の将来の業績を決めます。
裏を返せば、この立ち位置を考える仕事、(広義の)ビジネス
モデルを考える仕事こそ社長の仕事です。

ポケモンGOを見て、もちろん諸々問題も残りますが、これほ
どの仕組みを創り出したことには驚きを感じます。
ただ、すごいな…で終わらずに、自社にとっての発明・創造に
置き換えてみましょう。
何も創造せずに、ただただ日常を過ごすのか?
せめて他人の創造に謙虚に相乗りして、精一杯果実を得ましょ
う。最後は、仕組み自体を自らが創造する立ち位置を目指しま
しょう。

■経営成績の差は、従業員のクオリティーの差ではありません。

経営成績の差は、社長が創り出すビジネスモデル、立ち位置の
差に依るところが大半です。
良い従業員が良い事業を生み出すのではなく、良い事業が良い
従業員を作ります。もちろん、良い事業は良い社長から生まれ
ます。
「良い社長⇒良い事業⇒良い従業員」が正解です。

社長にはビジネスモデルの構築責任があります。社長の仕事は、
ビジネスの立ち位置を考えることです。そして、事業の行く末
は、すべて社長次第です。

■お問い合わせ先
【 石田雄二税理士事務所 info@kaikeisanbo.com 】

経営コラムの最新記事