『試算表を作成する意義』

融資の申し込みをしたら銀行から試算表の提出を求められた。
普段から作成していないので時間がかかりそうだ。急いでいる
のに困った・・・という経験のある経営者様も多いと思います。
私の経験値ですが、資金調達のご相談に来られる年商3億円未
満の中小企業様で、毎月試算表を作成している企業様は3割程
度しかいらっしゃらないように思います。

試算表を作成しない理由は恐らく「必要ない」からでしょう。
余程大きな規模でない限り、試算表を作成しなくても経営はで
きます。儲かっているかどうかは、感覚とオリジナルの集計表
で十分です。また、もっと直接的な理由として、「領収証等の
証憑書類を揃えるのが面倒くさい。」「会計ソフトの入力が面
倒くさい。」「税理士事務所に作成を依頼しているが税理士事
務所も忙しい。」といったことが挙げられます。

しかし、ご本人にとってはあまり必要のない試算表であっても、
銀行などの第三者にとっては大変重要です。試算表は、経営者
の頭の中をのぞくことができない第三者が、貴社の経営状態を
容易に知ることができる唯一の手段です。自社の経営状態を第
三者に伝えるための大変有益なツールとなります。

また、試算表からは、今年度の利益状況だけでなく、創業時か
ら積み重ねてきた資産、負債、資本の状況が分かります。そし
て、これらの状況を分析することで、利益状況よりもはるかに
重要な経営の課題を知ることができます。

試算表は、作成するメリットよりも、作成しないデメリットの
方が大きいと思います。ビジネスチャンスに遭遇した時、不測
の事態が起こった時、急きょ資金が必要になります。頻繁に起
きる事ではありませんが、いざ起きたときには大変重要な問題
です。早く資金が欲しいという状況にあって、約7割の企業様
は、試算表を作成するところから始めなくてはなりません。過
去の分をまとめて作りますので、最低でも1か月、長い場合は
数カ月かかることもあります。機会の損失です。

まずは、今現在自身が必要としなくても、いざという時に必要
であるという認識を持って、平素から試算表を作成する体制を
構築してはいかがでしょうか。次に、自身が財務の知識を深め
るか、財務の知識を持った人間を横に置いて、試算表を経営に
活かしてはいかがでしょうか。

経営コラムの最新記事