『経営判断のための指針6カ条!』

経営に正解などありません。それでも、偉人たちが共通して提
唱しておられるおおむね共通のルールはあります。以下、ご確
認ください。

◆1:常に『アッパーニッチ』(×ロアマス)を目指します。

…商品やサービス、市場の開拓時には『アッパーニッチ』を狙
います。絶対に『ロアマス』は狙いません。
『アッパーニッチ』とは、高級、高付加価値ゾーンの隙間のこ
とです。『ロアマス』とは、低価格帯のBIGマーケットのこ
とです。経営資源の乏しい中小規模企業は、常に局地戦に臨む
べきです。絶対に広域で戦うべきではありません。また、低価
格帯のビジネスは、そのスケールメリットや経営管理の優れた
大企業向けです。

◆2:まず『地上戦の営業』(×空中戦の営業)を企てます。

…新しい物やサービスを世に問う時には、まずは自分の足で、
自分の人脈の範囲内から攻め込みます。空中線は、地上戦での
検証を終え、地上戦営業で加速を付けた後に行います。
『地上戦の営業』とは、自分の人脈の範囲内での営業活動のこ
とです。『空中戦の営業』とは、マス媒体を活用する営業のこ
とです。

◆3:『エコ贔屓な経営』(×総花的な経営)を行います。

…経営資源は、強いもの、伸びている所に集中して投下すべき
です。総花的に分散してはいけません。人事においても、伸び
ている人をさら伸ばす…まずはこれです。
『エコ贔屓の経営』とは、長所に集中する経営のことです。
『総花的な経営』とは、分散する経営のことです。経営資源の
乏しい中小規模企業は、バランスよりも尖ることに重点を置く
べきです。

○上記(◆1~◆3)は、大きく広く総花的に攻める、この考
え方を戒める指針です。一方、狭く深く尖った経営を狙う、こ
れは、異論をはさめないぐらい確立された経営指針であるはず
です。しかしながら、今も多くの経営者が、大きく広く総花的
に攻めようとしています。軌道の修正が必要です。

◆4:『ワンマンな経営』(×協議の経営)を行います。

…衆智を集めることは重要です。しかし、結論を協議して出す
…これは正しくありません。社長一人が全責任を負って決めま
す。
『ワンマンな経営』とは、経営判断は社長が一人で決める、こ
の自覚を持つ経営のことです。『協議の経営』とは、協議して
経営判断を下すことを意味します。企業経営において、総意が
正しいケースは稀です。特に厳しい方向への判断は社長にしか
できません。

○社内の総意、これほどいいかげんなことはありません。社内
の総意に判断をゆだねるお人好し社長がうまく行くケースは稀
有です。

◆5:『程度加減の判断』(×YESかNOの判断)を意識しな
   がら経営します。

経営判断の多くは、YESかNOではなく、もっと早く、もっ
とたくさん、いや、セーブして…このように程度加減を決める
ことが多いものです。経営とは程度加減を計っている…この認
識が重要です。
『程度加減の判断』とは、その程度加減を決めることです。
『YESかNOの判断』とは、その判断の可否を決めることで
す。方向性の判断よりも、程度加減の判断の方が難解です。常
に程度加減を計りながら進めてください。

○程度加減の判断も、極めて重要な経営判断の範疇です。アク
セルとブレーキは、トップが直接踏むべきです。

◆6:『ベターな経営』(×ベストの経営)を目指します。

経営の場で、ベストな状況に遭遇する機会は稀です。ベストに
こだわり過ぎると前に進めません。経営はベターの集合体であ
る…この達観が必要です。
『ベターな経営』とは、ベターを良しとする経営のことです。
『ベストな経営』とは、あくまでもベストありきで進める経営
のことです。また、ベストな環境を待ちすぎて、結果、手遅れ
になるケースも少なくありません。

○「ベターな環境下で、ベターをベストに近づける行為」これ
が経営ではないでしょうか。
ベストな状況・環境…これらはないものねだりです。

以上ご確認ください。

経営コラムの最新記事