創業融資事例

本日は、創業融資の事例をご紹介します。

 

日本政策金融公庫にカフェの開業資金を申し込んでいるが、苦戦をしているためサポートして欲しいとの相談がありました。苦戦をしている理由は、自己資金が本人のものであるかどうか疑わしいとの事です。

 

創業資金借入の王道は政策公庫です。政策公庫で調達が出来ないとなると極端に創業資金の調達は難しくなり

ます。

保証協会の保証付き融資という方法もありますが、政策公庫に比べるとハードルは上がります。

 

状況を確認するために、お客様と一緒に政策公庫の担当者を訪問したところ、やはり否定的な対応で取り付く

島も無い状況でした。いくつかのポイントはあるにせよ、そこまでネガティブになる案件ではありませんでしたので、なぜ担当者がそこまで意固地になっているかは分かりませんでした。入口で何らかのボタンの掛け違いがあったのでしょう。

 

このまま公庫に説明を続けても突破口は開けないと考え、戦略を変えて信用金庫に相談することにしました。

政策公庫で1千万円を調達する計画から、政策公庫で5百万円、信用金庫で5百万を調達する計画への変更です。

 

まず、出店予定地から一番近くにある○○○○信用金庫に、飛び込みで融資の申し込みに行きました。

審査の結果、政策公庫の融資実行条件付きで、5百万円のプロパー融資が決定しました。その後、その結果を

持って再度政策公庫に訪問したところ、以前とは全く違う対応になりました。

 

本件のポイントは、先に○○○○信用金庫の融資を取り付けた点です。何の面識もなかった○○○○信用金庫に飛び込みで融資の申し込みに行き、なぜ、プロパー融資を受けることができたのでしょうか。

 

信用金庫は、近隣の店舗であれば、お店の売上金を入金することを条件に、創業でも融資を出すケースがあり

ます。

また、他行の融資実行条件付であれば、比較的決裁はおろしやすくなるようです。信用金庫によっては、近隣の店舗向けに創業融資の商品を用意しているところもあります。

 

 

 

融資の申込は、入口でこじれてしまうとリカバリーが大変難しくなります。出来るだけ早い段階でご相談くだ

さい。

 

 

 

事例の最新記事