『経営者の役割は資金を適切に分配することです』

不測の事態に備えてキャッシュポジションを高く取る
財務戦略を提唱していますが、これは倒産を予防する
という第1ステージの目標です。第1ステージの目標を
クリア出来たら、次は事業を成長させることを考えなくて
はなりません。第2ステージです。

最近驚いた話ですが、「公庫さんから資本性ローンを調達した
ものの、1年近く手をつけずにそのまま置いている。」という
経営者様に2回も遭遇しました。どちらの経営者様も、「手元
キャッシュを減らすのが不安だという理由もあるが、そもそも
使うあてがない。」といった主旨のお話をされていました。創
業してまだ1、2年の企業様で、年商規模も数千万円ですが、
小さいながらも資金繰りが黒字化したことが要因だと考えられ
ます。

「キャッシュポジションを高く取って不測の事態に備える。」
という守りの姿勢は重要ですが、キャッシュを後生大事に抱え
ていても、わずかな金利が得られるだけです。事業の成長を促
すためには、「一定のリスクを冒してでも、新たな資金需要を
自ら生み出す。」という攻めの姿勢が必要です。

もちろん、新たな資金需要を自ら生み出すのは簡単ではありま
せん。ただ、「新たな商品やサービスを開発する。」といった
大掛かりなことだけが新しい資金需要の創出ではなく、現在の
状態を進化発展させるために、小さな投資を積極的に行うこと
も立派な資金需要の創出です。

例えば、現在は黒字なので現状維持でも問題はないが・・・

・もっと大きな利益を狙って営業人員を強化しよう。
・作業効率を上げるためにIT投資をしよう。
・生産性を上げるために大手企業から工場長を招聘しよう。
・事業シナジーを狙ってM&Aをしかけよう。etc

成長を促すために、自ら資金需要を創出すべきことはたくさん
あります。むしろ、たくさん有り過ぎる一方で、資金は有限で
すので、優先順位の決定に悩み続けるぐらいです。

経営者様の役割は、有限である資金を、どこに分配すれば最も
効率よく事業が成長するかを見極めることです。よって、一定
の安全性を確保した後は、分配の原資となる成長資金の獲得に
積極的に取り組みましょう。

経営コラムの最新記事