『銀行員がトイレの汚い会社に融資をしないのは本当か』

銀行の融資審査にまつわる噂話ですが、「トイレが汚い会社に
融資はしない。」とか、「社内でスリッパを履いている社長に
融資はしない。」等、もっともらしい話から、良く意味の分か
らない話まで、たくさんの噂話を耳にします。実際のところは
どうなのでしょうか。

もちろん銀行員は、財務面以外の部分も観察していますが、
「○○だから貸さない。」といったことは当然ありません。し
かし、金融機関の中には、スコアリングで融資を決定する商品
を有しているところがあり、そのチェック項目の中には、財務
面以外の評価が多く含まれている場合があります。良くあるチ
ェック項目を次に挙げますので、貴社に当てはめて評価が得ら
れそうかどうか確認してみてください。

【代表者に関するチェック項目】
・業界経験年数は何年か
・代表者が資産を有しているか
・代表者が会計を理解しているか
・代表者が高齢でないか
・代表者の健康状態はどうか
・不必要な付き合い(接待)が多くないか
・ライオンズ、ロータリー、日本青年会議所の会員か
・後継者はいるかetc

【従業員に関するチェック項目】
・従業員の採用に積極的か
・従業員の離職が多くないか
・従業員に活気があるか
・従業員の教育が行き届いているか
・右腕となる人物がいるか
・有能な幹部が最近辞めていないかetc

【会社に関するチェック項目】
・法令違反(行政処分等)がないか
・整理整頓が行き届いているか
・ホームページが定期的に更新されているか
・地域の振興活動に積極的か
・融資申し込みの経緯に不審な点はないかetc

実際は、「自己資本比率が○%以上・・・」等、財務面のチェ
ック項目とあわせて30から50程度の項目が用意されており、
総合点で融資が決まります。

いずれも当たり前の内容ではありますが、自社の経営状態を改
善するチェックリストにもなりそうです。参考にしてはいかが
でしょうか。

経営コラムの最新記事