『「会社(経営)の健康診断」を行ってください。』(上)

会社(経営)の健康状態を診断してみましょう。
※毎年この時期にお願いしています。

人間には病気を確認する健康診断と、病気を治療する医療の仕
組みがあります。一方、会社に同様の仕組みはありません。病
気になっても気付かず、治療することもできません。そもそも
会社の患う病と言う概念すらありません。企業の病と治療法に
ついて検証してみましょう。

■企業の患う代表的な病は、以下の4つです。

◆病名1:分散症候群  …有病率50%
◆病名2:安売り症候群 …有病率50%
◆病名3:前のめり症候群…有病率30%
◆病名4:お人好し症候群…有病率60%

以下に、会社の患う4大疾病の自己診断チェックシートを提示
します。該当する項目に○を付けてください。

■会社の患う4大疾病症状診断19項目

 1.社内の動きが悪いと感じる。〔  〕
 2.オペレーションのミスが多いように感じる。〔  〕
 3.経営コストが割高になっている。〔  〕
 4.商品、サービスが総花的で特徴がない。〔  〕
 5.頑張っているのに儲からない。〔  〕
 6.新しい商品、サービスを創造できていない。〔  〕
 7.利益は出なくて良い、と思うことがある。〔  〕
 8.値上げをしたいと思っていてもできない。〔  〕
 9.ぎりぎりの経営をしていると感じる。〔  〕
10.毎日が緊張の連続で疲れる。〔  〕
11.少し売上が落ちるとすぐに経営が厳しくなる。〔  〕
12.資金繰りに追われている。〔  〕
13.攻めすぎているかも、と感じることがある。〔  〕
14.攻めすぎたと反省している。〔  〕
15.自分はお人好しだと思う。〔  〕
16.自分は従業員に甘いと思う。〔  〕
17.自分の判断は、どちらかと言うと甘いと思う。〔  〕
18.自分の判断は、どちらかと言うと曖昧だと思う。〔  〕
19.自分はNOと言いにくい性格だ。〔  〕

◆病名1:分散症候群(診断項目1.~4.に該当)

○商品やサービスの幅を広げ過ぎて、マーケティングが曖昧に
なる病です。『誰に』『何を』売るかがぼやけてしまっていま
す。

○原因
商品の品揃えやサービスの幅を持たないと売れないとの思い込
みが原因です。企業は何もないところから始まります。このス
テージでは品揃えや幅の強化が必要です。しかし、一定のレベ
ルを越えたあたりから、商品の品揃え、サービスの幅、事業領
域を絞りながら成長を遂げるべきです。拡大は面を広げること
ではなく、面を狭めて深堀することです。このあたりが誤解さ
れています。だからこの病気が蔓延するのでしょう。

○症状
経営資源が分散され、社内のありとあらゆるものが複雑になる
ため、動きが悪くなります。対応が遅くなり、ミスが多発し、
全体にコスト高になります。各商品やサービスの磨きこみも十
分でなく、総花的な品揃え、サービスを提供しており、これと
言った強みもありません。

○対策
すべてを単純(Simple)にしてください。
・減らしてください。絞り込んでください。
・自社の強み(ツキ)を探して特化してください。

経営者は事業の幅を広げ過ぎる傾向にあります。絞ることが重
要です。また、会社の仕組みは自然と複雑になりがちです。
単純(Simple)化が必要です。

◆病名2:安売り症候群(診断項目5.~8.に該当)

○値決めに対する姿勢が弱気で、利益管理も曖昧になる病です。

○原因
安くないと売れないとの思い込みが原因です。良いものは相応
の値段を、それなりのものはそれなりの値段を付けてください。
良いものを安く売る必要はありません。原価が上がれば価格を
見直す、この当たり前の企業行動を取らなければ、利益がどん
どん減ります。利益が薄くなればなるほど、良いものを作ろう
とする知恵や創造力を失います。最後は、薄利は善、利益は悪
の心境に陥ります。こうなると末期です。

○症状
二つのレベルに分かれます。繁盛貧乏のレベルが第一段階です。
このレベルは頑張っているのに値決めを間違えていて儲からな
い状況です。この段階では価格の見直しを行えば容易に治癒で
きます。第一のレベルを続けていると、頑張っても儲からない
と思い込み、頑張る意欲、より良いものを創造しようとする力
を失くしてしまいます。最後には、儲からない自分を正当化す
るために、儲けは悪、儲からないことが善、ビジネスそのもの
を否定するようになります。

○対策
高収益(Profitable)な企業作りを目指してください。
・付加価値の向上を目指してください。
・利益管理を徹底してください。
・コストを抑えてください。
・値決めを再考ください。

事業は付加価値の向上を求めつづけることでのみ継続できます。
値決めは重要な経営判断です。安売りは悪です。利益を計り、
利益を求めてください。また、コストは自然に膨らみます。
意識して抑え込んでください。高収益(Profitable)な企業体
作りを強く意識してください。

…次回に続きます。

経営コラムの最新記事