『今月・来月末までに資金が必要だ。これでは「遅い」のです。』

会計は、人類が作り出した偉大な発明の一つです。会社の財産
や収益の状況を、詳細にわかり易く表現してくれる英知の結集
です。
自社の経営の場面においては、その状況を継続的に把握するこ
とで、経営の成果の確認や、次の判断の礎になります。
また、金融機関や株主などのステークホルダー(利害関係者)
に対しては、経営の進捗を示す指標になります。
会計とは、たいへん有益で興味深いものです。

経営者は、少しずつでも、会計への理解を深める必要がありま
す。理解した方が得です。また、会社には、会計を行う機能、
財務機能が必要です。
中堅規模以上の会社には必ずあって、創業から小規模企業・個
人事業者様にない機能がこの財務機能です。
財務機能は、会社の規模が小さいから不要、というわけではあ
りません。この機能の欠落、財務無策は、創業から小規模企業・
個人事業者様が破たんする主因の一つです。

Q1:利益が出ているのに現預金がない。
大変不思議に感じられる方も多いようですが、これはよくある
事象です。

A1:「利益は、現金以外に形を変えている。」のが原因です。
・今月売れた商品のお金の回収が来月である時、決算期末が今
 月なら、決算書には未回収のお金が売掛金として計上されま
 す。今月売れて来月回収できるなら、それは今月の売上です。
 お金の回収は来月であっても、売上は今月上がります。故に
 お金には変わっていませんが、利益には加算されます。この
 売掛金が大きく、お金に変わる期間が長い時など、利益は出
 ているがお金はありません。
・来月以降売れる商品を事前にたくさん作って(または、仕入
 れて)持っている場合など、同様の結果になりがちです。
・資産を購入した場合なども、同様の結果になりがちです。
 黒字倒産は、上記に対する財務無策が原因です。会計を理解
 しておれば、絶対に起こりえない悲劇が黒字倒産です。

Q2:利益は出ていないのに、現預金は潤沢だ。

A2:多くはありませんが、上記の逆のケースで起こります。
ただし、次の売上が止まった瞬間に急激に資金繰りも悪化しま
す。
お金があるから油断していますが、まさかが起きれば途端に破
たんします。会計を理解しておれば、事前に打てる手もありま
す。

Q3:借入れは最小限にとどめたい。

A3:心情的にはわかりますが、正解ではありません。
借入れは適正に行う、さらに、経営基盤が弱く、金融機関の評
価が高くない時は、多めに現預金残高を確保することをお薦め
しています。経営基盤が強くなるにつれて、徐々に多めから適
正に近づけて行く方法が現実的です。
総じて経営基盤の強くない、創業から小規模企業・個人事業者
様には、「借りられる時に借りられるだけ借りる。」と申し上
げているのはこのためです。

Q4:今月・来月末までに資金が必要だ。

A4:「遅い」のです。間に合わないケースも少なくありませ
ん。
「遅い」とは二つの意味があります。
1.手続き的に間に合わないケースが一つ目です。
  資金調達はできそうですが、時間的に厳しいケースです。
2.手続きの時間ではなく、今は調達できない、この意味で遅
  いケースが二つ目です。
過去の適正なタイミングで資金調達すべきでした。または、も
っと早い段階で返済猶予を受けるべきでした。
この様なケースは少なくありません。とにかくお金に関する備
えが遅い、備えを怠る、創業から小規模企業・個人事業者様に
多く見られる財務無策の典型です。

財務に対する施策は、会計を理解した上で、適時・継続的に行
うべき事柄です。資金が必要な時に、お金に困った時に、スポ
ットで行う事柄ではありません。

創業から小規模企業・個人事業者様に対して、継続的な財務機
能を廉価でご提供する用意があります。税務顧問業務と併せて
行うことで、また、必要なスペックのみに限定することで、極
めて廉価にご提供できます。
お金に困っていない社長様も、お金に困りそうな予感がする社
長様も、「遅い」とならない内に、ご相談ください。
少なくない小規模企業様が、財務無策による破たんに陥ってい
る事実を重く受け止め備えてください。

経営コラムの最新記事