『エネルギー使用合理化等事業者支援補助金について』

「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」は、工場・事業
場等における既設設備・システムの置き換え、製造プロセスの
改善等により、省エネルギー化を行う際に必要となる費用の一
部を補助してくれるものです。
平成28年度は前年度より100億円多い約500億円の予算
規模で実施されます。

概要をみておきましょう。

■補助対象事業主
事業活動を営んでいる法人および個人事業主が対象です。

■補助の対象となる事業
(1)省エネ設備・システム導入支援
工場・事業場等における既設設備・システムの置き換え、製造
プロセスの改善等の改修による省エネルギー化事業
(2)電力需要平準化対策設備・システム導入支援
工場・事業場等における既設設備・システムの置き換え等によ
り、電力需要平準化時間帯の電力使用量を削減する事業

■対象機器
省エネを促進する大規模な設備・システムの他、トップランナ
ー基準を満たす業務用冷蔵庫、エアコン、電球型LEDランプ
などのトップランナー制度対象機器も補助の対象となります。
※トップランナー基準とは、指定された製品のうち、その時点
で最も省エネ性能に優れた製品の省エネ水準、技術進歩の見込
み等を参考に定められたエネルギー消費効率の基準です。

■補助対象経費
◇設計費
機械装置、建築資材の設計費やシステム設計費等
◇設備費
機械装置等の購入、製造、据え付け等に要する費用
◇工事費
補助事業の実施に不可欠な工事に要する費用

■補助金額
対象となる経費の1/3以内の補助となります。
※エネルギー管理支援サービス業者と連携し、エネルギーマネ
ジメントシステムを導入する場合は、対象経費の1/2以内と
なります。

■募集期間ほか
公募の締切は平成28年7月1日です。
設備の更新等をお考えの方は、早めにご検討ください。
詳しくは環境共創イニシアチブのホームページからご確認くだ
さい。
https://sii.or.jp/

経営コラムの最新記事