『創業時にしっかり考えていただきたいこと…』(その3)

■社長に必要な資質をひとつだけあげるなら、私は当事者意識
を選びます。社長には強烈な当事者意識、例え何が起きても、
それが不条理や不運であっても、その運命も含めて100%自
分の責任と瞬時に思えるそれが必要です。

◆うまく行かない時、それはすべて社長ひとりの責任です。
 100%です。
・例え約束していた取引を急に断られても…
・例え約束していた融資を突然反故にされても…
・例えたくさん売れると謳った広告の商品が全く売れなくても…
・例え信頼していた部下が勝手な都合で突然辞めると言ってき
 ても…
・例え頭上から隕石が降ってきて当たっても…
・例えよくできた詐欺に引っかかっても…
(※詐欺の場合、法的な対応を別次元で検討ください。)
これが社長の立場です。

◆理由は簡単です。
・約束していた取引を急に断られた時は、恨むより先にやるべ
 きことを考えねばなりません。
・融資を突然反故にされた時は、恨むより先に資金の目途を付
 けねばなりません。
・全く売れなければ、恨むより先に次の売上を作らねばなりま
 せん。
犯人探しに浪費する時間は無駄です。次の手を考えることが先
です。この時必要なのは、誰が悪いかではなく、何をすべきか
…です。
次に再発防止を考えますが、相手が悪い、自分は悪くない、こ
の前提条件から自分自身の反省、総括はできません。他人に責
任を転嫁する人は、総じて間違えを繰り返します。

◆別の理由もあります。
上手く行かなかった責任を、他人や他社に転嫁しようとする社
長を世間は嫌います。経営の結果責任を負うのが社長の立場で
す。原因なんて本当はどうでもいいのです。要は、上手く行か
なかった、ということです。
他人や他社への責任云々の言動に賛同する人は、(少なくとも
一流人の中には)一人もいません。

■以下、アメリカの著名な牧師、ロバート・シュラー氏の言葉
 を著書から引用します。
・もしこれが駄目なら、他にどんな方法があるかを検討しよう。
 すべての可能性を調査しよう。
・自分のゴールまでの道、あるいはもう一つの残された道や可
 能性を自分で決定しよう。
・自分の決断に責任をもとう。
・自分の運命に責任をもとう。
・自分はあやつり人形ではない。単なるスーパーコンピュータ
 ーをはるかに越える魂をもった生き物が、己の意志で判断す
 る、これが人間というものだ。そして、これがリーダーシッ
 プだ。自分のことは自分で考えよう。
・必要があれば、自分の精神構造や情緒パターンも積極的に変
 えていこう。
・リーダーシップを、他人やほかの権力に売り渡すのはやめよ
 う。
・消極的な思考に負けて、自己決断の責任を放棄するのはやめ
 よう。
・いちばん先頭に立とう。自分の人生のリーダーは自分なのだ。
・権力におびえて、逃げ出すのはやめよう。
・いつまでも自分の魂の航海のキャプテンでいよう。席を離れ
 たすきに、誰かが舵を奪い取って、あなたの肉体や心や永遠
 の魂まであやつってしまうことのないように注意しよう。
(引用終わり。)

■決断したのは社長自身です。
・急に断られるような取引をあてにしたのは自分です。
・突然反故にされるような融資に期待したのは自分です。
・たくさん売れるという広告を信じ契約したのは自分です。
・突然辞めると言い出す部下を(辞めないと)信頼したのは自
 分です。
・落ちてくる隕石の下を歩いていたのは自分です。
・詐欺に引っかかったのは自分です。

■強烈な当事者意識は社長に必要な資質の一つ目です。
景気のせいで…不況業種だから…△△に騙されて…上手く行か
ない、このような言葉を発する社長も残念ながら少なくありま
せん。
すべて自分の力不足です。その運命まで含めて受け入れた時に、
幸運が待ち構えている、と偉人たちはおっしゃっています。

経営コラムの最新記事