両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)について』
 …出産等の理由で退職した人のカムバックを支援しませんか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)」(カムバッ
ク支援助成金)は、妊娠、出産、育児、介護または配偶者の転
勤等(配偶者の転居を伴う転職も含む)を理由とした退職者に
ついて、就業が可能になったときに復職でき、退職前の勤務実
績等により適切に評価されて配置・処遇される再雇用制度を導
入し、その制度に基づき、離職後1年以上経過している対象者
を再雇用して無期雇用者として6か月以上継続雇用した事業主
に支給されるものです。
人材不足といわれる今の時代、正式な社内制度としてではなく
ても、人員を補充するために過去に雇用していた人に求人の声
をかけるということは、すでに多くの企業で行われていること
かも知れません。
退職者の再雇用をお考えの方は、この助成金を活用して再雇用
制度を社内制度として導入してみてはいかがでしょう。
 
概要をみておきましょう。
 
■支給要件
次の二つの要件を満たす必要があります。
(1)再雇用制度の導入
妊娠、出産、育児または介護または配偶者の転勤等を理由とし
た退職者について、退職前の勤務実績等を評価し、処遇の決定
に反映させることを明記した再雇用制度を導入する。
 
(2)無期雇用者としての再雇用
退職後1年以上経過している対象労働者を、再雇用制度にもと
づき再雇用し、無期雇用者として6か月以上継続雇用する。
※当初は有期契約労働者として再雇用した場合も、採用後1年
以内に無期雇用に切り替えて6か月以上継続雇用すれば対象と
なります。
 
■対象労働者
次のような要件を満たす労働者が対象となります。
(1)退職理由と再雇用の希望を申し出ていたことが書面で確
   認できること。
(2)退職前に雇用保険被保険者として1年以上雇用されてい
       たこと。
(3)再雇用日において、退職日の翌日から起算して1年以上
       経過していること。
 
■支給額
継続雇用6か月後と継続雇用1年後の2回に分けて、次の金額
の半額ずつ支給されます。
 
※( )内は生産性要件を満たす場合の金額です。
1.再雇用1人目
・中小企業:38万円(48万円)
・中小企業以外:28.5万円(36万円)
 
2.再雇用2人目から5人目
・中小企業:28.5万円(36万円)
・中小企業以外:19万円(24万円)
 
詳しくは下記のパンフレットをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000527592.pdf

経営コラムの最新記事