値上げは少しずつ丁寧に行ってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『値上げは少しずつ丁寧に行ってください。』
…コストの上昇を価格転嫁する、この選択をすることで、
  付加価値アップの必然性が生まれます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【値上げ】と検索してください。様々な商品やサービスの
 値上げが目立ちます。(ほんの一部を紹介します。)

「ポテトチップスなど一部商品を10年ぶりに値上げ、ペヤング
が即席カップ麺ペヤングソースやきそばを193円に値上げ、漁
獲量の減少や需要増加で日本水産がサバ缶11品目を値上げ、
カゴメが野菜飲料を5~10%値上げへ…ポッカサッポロは大型
ペット飲料15品目を物流費や原材料費の高騰により6月1日の納
品分から価格を一律20円引き上げ、赤いきつねや緑のたぬきな
どが原料の小麦粉の価格や人件費が上がったため6月最大30円
値上げ、ココイチが3月1日からカレーを値上げ、食材や人件費
の上昇が理由、明星食品が商品の値上げを発表、チャルメラシ
リーズなど70品目、小麦などの原材料や包装資材の価格、人件
費や物流費の上昇などが理由…スターバックスコーヒーが8年
ぶりに定番ドリンク値上げ10円程度引き上げ、ドリップコーヒ
ーなどが対象商品で、全体的な価格改定は2011年以来8年ぶり、
プッチンプリン実質の値上げへ、日清食品カップヌードルなど
各製品を6月1日出荷分から値上げへ、QBハウスのカット料金
が1,000円から1,200円に値上げ、キリンビバレッジが大型ペッ
トボトルを値上げ、午後の紅茶も物流費の上昇などが原因で5月
1日の出荷分から1本20円程度引き上げる、ハーゲンダッツ値上
げ約4年ぶり…」

原材料費や物流コスト、人件費の上昇により、自社の商品やサ
ービスの価格を上げざるを得ない局面が続きます。
(値上げの好機とも言えます。)

■価格転嫁してください。

◆原価が上昇すれば販売価格に転嫁する、これが常道です。
(×)価格に転嫁できるかどうかで悩む。
(○)どうすれば転嫁できるかで悩む。
後者で悩んでください。

○原価・仕入れ価格が上昇しても売価に転嫁できない、と結論
付ける経営者は少なくありません。これは安易すぎます。思考
放棄です。また、消費税の増税分すら上乗せできない、これは
重症です。

○価格に転嫁しても、売上(利益)を落とさない方法を探す、
こう考えるべきではないでしょうか。原価・仕入れ価格の上昇
を売価に転嫁しながらも、売上(利益)を落とさない方法を考
える、このためには相応の努力が必要です。A案、B案、C案、
それらの組合せなど、創意工夫と知恵が必要です。

■価格転嫁する、この選択をすることで、付加価値アップの必
 然性が生まれます。

◆当面続く物価上昇局面において、価格転嫁を前提に創意工夫
を重ねていく会社様と、価格転嫁できないことを前提に創意工
夫を怠る会社様に分かれてしまうのでしょう。

○価格への転嫁は付加価値アップの試練を与えます。商品やサ
ービスへの創意工夫が求められます。

○価格の据え置きは、付加価値アップの意欲を奪います。コス
トに対する過度の忍耐から、知恵の創造・付加価値アップは生
まれません。

◎5年後・10年後、前者と後者には大きな差が生まれます。

■過去におけるこの考え方の差が、現時点の企業の優劣に表れ
 ています。

価格の上昇に消極的な判断を続けてきた会社は、付加価値アッ
プへの挑戦を怠り、結果、価格を上げると売れない実態を余儀
なくされています。 一方、価格の上昇に積極的に取り組んでき
た会社は、それに見合う付加価値アップへの挑戦を繰り返して
きました。結果、価格を上げても売上を落とさない企業力を構
築できています。

■自社の過去を振り返り、今後の価格戦略を構築してください。

1.原価や仕入れ価格の上昇分は、確実に価格転嫁してくださ
い。
2.今後の消費税増税分は、そのすべてを価格に転嫁してくだ
さい。
3.価格転嫁するために、様々な創意工夫を行ってください。
  この創意工夫こそが経営そのものです。
4.価格を上げることに積極的な経営を行ってください。

価格転嫁を行わない消極的な経営ではなく、より良いものを創
り出して単価アップを狙う経営を目指していただきたいと思っ
ています。後者の方が上手くいくことを、少なくとも歴史と統
計は証明しています。この機会に、自社の価格政策についても
ご再考いただければ幸いです。

経営コラムの最新記事