人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)について』
 …人材の定着・確保をお考えの方はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)」は、評
価・処遇制度や研修制度などの雇用管理制度を導入することに
よって、従業員の離職率の低下に取組む事業主を支援してくれ
る助成金です。

概要をみておきましょう。

■対象となる措置
次の1および2を実施し、3の「離職率の低下目標」を達成し
た場合に目標達成助成を受給することができます。

1.雇用管理制度整備計画の作成・認定
次の(1)から(5)の雇用管理制度を3カ月から1年の間に
導入する内容の雇用管理制度整備計画を作成し、管轄の労働局
の認定を受けます。
(1)評価・処遇制度
(2)研修制度
(3)健康づくり制度
(4)メンター制度
(5)短時間正社員制度(保育事業主のみ)

2.雇用管理制度の導入・実施
認定を受けた雇用管理制度整備計画に基づき、当該雇用管理制
度整備計画の実施期間内に、雇用管理制度を新たに導入し、対
象事業所の通常の従業員全員に実施します。
※計画期間終了後にあっても、支給申請までの間において、導
入した雇用管理制度を引き続き実施していることが必要です。

3.離職率の低下目標の達成
雇用管理制度導入・実施の結果、雇用管理制度整備計画期間の
終了から1年経過するまでの期間の離職率を、計画を提出する
前1年間の離職率よりも低下させることが要件です。
【離職率の低下目標値】
事業所における雇用保険一般被保険者の人数規模に応じて次の
ような低下目標値となります。
〇1~9人の場合:15%ポイントの低下
〇10~29人の場合:10%ポイントの低下
〇30~99人の場合:7%ポイントの低下
〇100~299人の場合:5%ポイントの低下
〇300人以上の場合:3%ポイントの低下

■助成金額
目標達成により57万円が支給されます。また、生産性要件を
満たす場合は72万円に増額されます。

人材の定着・確保をお考えの方は、雇用管理制度の導入により
雇用管理の改善を図ることで、従業員の定着率向上を検討され
てはいかがでしょう。
詳細については以下の厚生労働省のパンフレットをご参照くだ
さい。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000205062.pdf

経営コラムの最新記事