事業計画作成時の要諦と注意点!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『事業計画作成時の要諦と注意点!』
…体裁の良い数値計画が事業計画ではありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1:新しい事業計画を立案する時には、今の事業立地に関す
る検証に時間を割いてください。事業計画作成の要諦は、事業
立地の見直しです。よりアッパーでニッチな領域への事業立地
の変更を検討してください。

○以下、高収益企業研究の第一人者でおられる三品和広教授の
言葉を引用します。

『…事業の根底には立地(誰に何を売るか)があり、その上に
構え(出荷するモノをいかに入手して顧客に届けるか)、製品
(いかに個別製品を魅力的に仕立てるか)、管理(いかに品質・
原価・納期を守るか)が重層構造を成している。…中期経営計
画などで立地や構えに手をつけることなく、製品の刷新や管理
の強化を打ち出している企業は数多くあるが、この次元で動き
だしたところで、高収益への転換に結び付いた事例はほとんど
ない。…』〔三品和広教授(高収益企業研究の第一人者)〕

◎事業計画を作成することは、事業立地を検証し見直すことで
す。過去の流れをそのまま踏襲することを事業計画と呼び、そ
れを繰り返していると事業の革新は生まれません。何十年も同
じ事業立地にとどまって、ジリ貧に陥るのはこのケースです。
過去の流れに沿った体裁の良い数値計画を事業計画と呼ぶのは
止めましょう。

◆2:事業計画は、過去からの流れをそのまま維持する保守的
な計画でない限り、その予測は難解であって、その多くは計画
通りに進捗しません。多くのクリエイティブな計画の成功事例
は、後に理論武装されて解説を加えられています。後付けです。
保守的な計画でない限り、事業の正確な予測はできない前提で、
事業を執行してください。クリエイティブな計画を鵜呑みにす
ることは大変危険です。

○以下、異色の経営学者と呼ばれるヘンリー・ミンツバーク博
士の言葉を引用します。

『現実的には、ある程度先を考えておきながら適時対応してい
くことになるだろう。実現された戦略は最初から明確に意図し
たものではなく、行動の一つひとつが集積され、その都度学習
する過程で戦略の一貫性やパターンが形成される。』
〔※ヘンリー・ミンツバーグ氏は純粋な理論家とは一線を画す
異色の経営学者。マギル大学の工学部機械工学科を卒業し、マ
サチューセッツ工科大学スローン経営大学院にて1965年に経営
学修士及び1968年に博士を取得〕

◆3:事業計画作成時の注意点!

1.事業計画は、そのアイデアが斬新で素晴らしいほど予測が
  難しい!
2.事業計画は、起点の認識と終点のイメージ化が重要。プロ
  セスは都度計りながら進める!
3.作成した事業計画を鵜呑みにしてはいけない。脱・前のめ
  り!

◆4:事業計画作成の要諦!

1.事業立地の確認・選定…どんな事業を!
2.収益モデルの創造(ビジネスの型の確定)…どのような形で!
3.起点(現状)を認識する!…力相応を知る!
4.(仮)のゴールのイメージ化…目指すゴールは!
5.起点からゴールまでの道筋を仮決めする!

上記を踏まえた上で、

6.全体を包括する整合性の取れた数値計画の立案!
7.数値計画と資金計画との整合性の確認!
8.マネージメント体制の整備!
9.日々修正しながら現実的に対応する!

◆5:事業計画執行時の注意事項(追記)!

1.コントロールできることを完全にコントロールすること。
2.頑張ればコントロールできることをできるだけコントロー
  ルすること。
3.コントロールできないことには、出来るだけ適合すること。

コントロールできることをコントロールしない、これは放漫経
営です。頑張ればコントロールできることをコントロールしな
い、これは怠慢経営です。そして、コントロールできないこと
までコントロールしようとする、これは独りよがり経営です。

自社の明るい未来のために、真の事業計画を作成しましょう。
過去の流れに沿った体裁の良い数値計画を事業計画と呼ぶのは
止めましょう。

経営コラムの最新記事