創業したら法人に魂を吹き込んでください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『創業したら法人に魂を吹き込んでください。』
…「ゴルフのことだけを考えながらゴルフをやっているような
 人間を社長に選ばない」(稲盛和夫氏)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※相応の会社を作りたいのなら…との前提でのお話です。

『法人とは、自然人以外で、法律によって「人」とされている
ものをいう。「人」とは、法律的には、権利義務の主体たる資
格(権利能力)を認められた存在をいう。つまり法人は、自然
人以外で、権利能力を認められた存在ということになる。』
(ウィキペディアより引用)

我々人間は、一時も休むことなく、継続的な活動を続けていま
す。故に命をつなげています。一方、自然人でない法人は、法
律によって「人」とされていますが、それは無機質な物でしか
ありません。誰かが、ここに魂を吹き込まなければ命を持ちえ
ません。
法人の命は、24時間365日、一時も休むことなく、誰かが
生を与え続けることでのみ存命します。

法人に魂を吹き込めるのは社長です。これが代表者の最初の仕
事、そして、代表者である限り永遠に続けて行かねばならない
仕事です。
○貴方は、貴社(=法人)に生を与え続けていますか?
○眠りについている間、法人に生を与えることをおろそかにし
ていませんか?
○休日に、法人のことを忘れ去っていませんか?
○余暇に呆けて、法人をないがしろにしていませんか?
社長として、24時間365日、全身全霊で会社に生を与え続
ける覚悟が必要です。

社長だけではありません。
店舗の責任者が、本来無機質なお店に生を与え続けることがで
きておれば、そのお店は呼吸を続けます。部門の責任者が、本
来無機質な部門に生を与え続けることができておれば、その部
門は命を持って活動を続けます。
店長・部門長…責任者の責務は、自店・自部門に生を与え続け
ることで、無機質な物を生ある者に格上げすることです。

○「24時間365日眠るな」と言っているのではありません。
○「休みを取るな」と言っているのではありません。
○「余暇を楽しむな」と言っているのではありません。
◎「どんな時も、法人や自部門のことを忘れないであげて欲しい」
と言っているのです。

経営者が経営を考える時間の分母は24時間×365日=
8,760時間です。
執務の時間中は当然のこと、休息時や睡眠時にもできるだけ会
社のことを思いやってあげる必要があります。そうしなければ、
法人は絶命してしまいます。

だからこそ、余暇や休息が必要です。意識して体を休め、気を
晴らす必要があります。
それでも…「ゴルフのことだけを考えながらゴルフをやってい
るような人間を社長に選ばない」と、稲盛和夫氏〔京セラ名誉
会長〕が講演でおっしゃっておられました。

何を目指すかにもよりますが、一定以上の企業体を築き上げた
いと考えるなら、こんな生き方が必要なようです。多くの偉人
が口をそろえておっしゃっておられます。

貴方は、貴社(=法人)に生を与え続けていますか?そして、
このような生き方に賛同してくれる部門長を一人でも持ってい
ますか?自問自答してみてください。

経営コラムの最新記事