社長の仕事は変化への対応・会社を進化させることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『社長の仕事は変化への対応・会社を進化させることです。』
…事業計画の本質は数値の羅列ではありません。
 何を行ってどう変化させるかです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■四十年前、街の商店街は人波であふれていました。大半のお
店は活況で、経営もうまく行っていたはずです。店主の方々は、
同世代のサラリーマンより優雅に暮らしていたように思います。
車社会の到来は、大型のショッピングセンターの大量出店と相
まって、多くの商店街からにぎわいを奪いました。時代を謳歌
した大型店も、カテゴリーキラーや小商圏に高密度で出店する
コンビニエンスストアーに、その勢力を奪われました。再編を
行い、規模の利益を追求することでその勢力を何とか維持して
いるように見えます。そのコンビニエンスストアーも、業態の
見直しに必死です。高齢化社会を見据えて、調剤薬局との複合
店を始めたり、セルフコーヒーを売りだしたり、日々変化を遂
げています。一方、ネットショッピング各社が、大きく業績を
伸ばしています。流通業界は、激変しました。さらに、変化し
続けています。

■今年生まれた子供たちが就職する業種の半分は、今は無い業
種だと言われています。

二十年後には、今の業種の半分が無くなり(または、大きく形
を変え)、半分が新たに生まれるとの仮説です。流通業界の変
遷を見ていると、オーバーな仮説ではないように思えます。流
通業界だけではありません。その他の業界でも、同じ事が起き
ています。これからも起こります。

■ダーウィンの進化論『この世に生き残る生き物は、最も強い
ものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。
それは、変化に対応できる生き物だ。』を思い出します。
(※注記;この言葉を、ダーウィン自身が言葉にしたかどうか
については、見解が分かれているようです。)
変化に対応できることが、生き残れる企業の条件なのでしょう。

■変化への対応とは何か?

何か新しい事、何かすごいものを創り出そう…こう考えてしま
うと行き詰ります。
発明家のトーマス・エジソンは『完璧だと思っても、もうひと
押しすれば、おまけが手に入る』との言葉を残しておられます。
この言葉には、大きなヒントがありそうです。さらに成長しよ
うと考える時、人は全く異次元の新しいものに飛びついてしま
いがちです。そうではなく、今あるものをより良くしなさい、
一歩となりを探しなさい、とおっしゃっているように思います。

■今の商品やサービスを『もうひと押し』してみましょう。

絞り込み(単純化)と高付加価値化、アッパーニッチ戦略が有
望です。

○今ある商品やサービスに改善・改良を加えましょう。
・改良を施して完成度を上げましょう。
・より良い原料を使って、高品質化を図りましょう。
・高価格帯に挑戦しましょう。

○今ある商品やサービスを絞り込みましょう。
・余分な機能を除いて単純化することも検討してください。

○今ある商品やサービスに、何か機能を付加しましょう。
・便利な機能を付加してみましょう。

○顧客ターゲットを絞り込んだ、新しい商品やサービスを開発
しましょう。
・よりニッチなターゲットに限定してみましょう。

○特定の顧客をターゲットにした、新しい商品やサービスを開
発しましょう。
・新しいニッチマーケットを狙ってみましょう。

■大きな変化は、日々の改善・改良の延長線上にあります。

○毎日毎日『もうひと押し』を考え続けましょう。
○時々小さな改良点が見つかります。改良しましょう。
○これを続けていると、一年単位では相当大きな変化が起きて
いるはずです。
○三年・五年・十年の計でみると、とんでもない大変化になっ
ています。

■変化を実感する企業経営を、意識して実行しましょう。

○会社のビフォーアフターを確認してください。
・三年前の経営と、今年の経営を比較してください。
・今年の年初の経営と、今年の年末の経営を比較してください。
 何がどう変化していますか?整理してください。
・今年の年末と、来年の年末はどう変える予定ですか?
・今に対して、三年後はどう変える予定ですか?具体的に何を
 どう変えますか?整理してください。

◎事業計画の本質は数値の羅列ではありません。何を行ってど
う変化させるかです。

繰り返しますが…

○『この世に生き残る生き物は、最も強いものか。そうではな
い。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応
できる生き物だ。』(ダーウィンの進化論)

○『完璧だと思っても、もうひと押しすれば、おまけが手に入
る』(発明家のトーマス・エジソン)

偉人の名言を記憶に留めた上で、社長の仕事〔変化への対応・
会社を進化させること〕に励みましょう。

経営コラムの最新記事