経理の役割について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『経理の役割について』
 …伸びる企業の共通点は経理業務(数値管理)を大切に
  している点です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経営判断、与信判断、節税の判断は、経理の成果物である財務
諸表を基に行います。よって、経理業務は直接収益を上げるこ
とはありませんが、決しておろそかにしてはいけない業務です。
数字の管理が雑な企業とそうでない企業では、経営成績にも相
関関係があるように感じます。

■ 経理の目的は正確な利益数値を求めることです。
経理の主な仕事は、事業活動で発生する取引を、1円単位で正
確に記録することです。小さな記録の集合体が、決算書や試算
表といった財務諸表になります。取引記録の漏れや間違いがひ
とつでもあれば、正しい利益を把握することはできません。た
だ何となく経理の担当者を置いて業務にあたらせるのではなく、
「正しい利益数値を求める。」という明確な目的を与える必要
があります。

■ あらゆる判断は利益数値を基に行われます。
経営判断、融資の審査、法人税等の計算は、全て利益の数値を
基に行われます。お手元にある試算表や決算書が不正確であれ
ば、その資料を基に下した判断は当然間違ったものになります。
経理はあらゆる判断の基礎となる大変重要な業務を担っていま
す。

■ 融資を断られる理由は経理が弱いためです。
「融資を断られた。」というご相談をお受けすることがありま
すが、その半数が、「断られた。」のではなく、「検討不能で
あった。」と感じます。「試算表を作成していない。」とか、
「試算表の数字が正しくない。」ということでは、そもそも金
融機関側は検討のしようがありません。実際に、一度断られた
企業様でも、弊所で正確な試算表を作成することで融資を受け
られたケースは多くあります。中小企業が、本来受けられる融
資を受けられていない要因のひとつに、経理体制が弱いことが
あげられます。

大企業と中小企業では、経理業務に対する取り組み方が大きく
違います。大企業だから経理業務に力を入れているのではなく、
伸びる企業は共通して経理業務(数値管理)を大切にしていま
す。経理業務の質をあげることが、業績の向上にもつながるか
もしれません。

経営コラムの最新記事