重要な経営法則(その4)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『重要な経営法則(その4)』
11.デミングサークルの徹底を…(エドワーズ・デミング)
12.雇用の安定のための人事における3つの最適化とは
                   …(SP経営協会)
13.創業者が陥る4つの楽観主義とは …(SP経営協会)
14.銀行対応10のルールは…(銀行融資プランナー協会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…前回からのつづきです。

中小零細企業におけるその経営の良し悪しは、そのほぼ100%
が経営者一人の力量によって決まります。また、その力量の一
つは知見の有無です。知っているか知らないかです。(別次元
で行動力の有無等がありますが、別の章に譲ります。)
経営者として知っておくべき知見は星の数ほどありますが、ほ
んの一部を紹介します。

■デミングサークルの徹底をお願いします。
                 (エドワーズ・デミング)

『PDCAサイクル(ピーディーシーエー、PDCA cycle、plan
-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管
理などの管理業務を円滑に進める手法の一つです。Plan(計画)
→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の4段階を繰り
返すことによって、業務を継続的に改善する手法です。(品質
管理を構築したウォルター・シューハート、エドワーズ・デミ
ング(W. Edwards Deming)らが提唱)

1.Plan(計画)
 …従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
2.Do(実施・実行)
 …計画に沿って業務を行う。
3.Check(点検・評価)
 …業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
4.Act(処置・改善)
 …実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCA
サイクルにつなげ、 螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向
上(スパイラルアップ、spiral up)させて、継続的に業務改善
することです。』(ウィキペディアより引用)

戦後日本に導入されたデミング賞(大賞)の初代受賞(1970年)
企業はトヨタ自動車です。「トヨタの車は、発売当初よりも、モ
デルチェンジ直前の方が、その品質が良い。」と言われますが、
当然です。

■雇用の安定のための人事における3つの最適化とは…
                     (SP経営協会)

人事業務で一番大切なことは、最適化です。すべてにおいて最適
化のポイントを求め続けることこそ人事担当者の仕事です。当面
は社長の仕事です。
最適化がなされておれば、人は概ね辞めません。採用もできます。
離職率が極端に高いのは、人が採用できないのは、最適化できて
いないからです。離職率が高いからレクリエーションを充実させ
る…間違えではありませんが、本筋ではありません。採用できな
いから上手なキャッチコピーを考える、採用媒体を見直す…間違
えではありませんが、本筋ではありません。

最適化とは…
1.従業員の市場価値と会社が支払う給与
2.会社が従業員に求める業務と会社が支払う給与
3.従業員の能力とその従業員に求める業務
の三つをバランスさせることです。人の採用・過度な離職でお悩
みの方はご一考ください。

■創業者が陥る4つの楽観主義とは…(SP経営協会)

4つの楽観主義を改めてください。

1.『計画通りに進む』との楽観主義!
  ◎正解は…計画通りには進捗しません。ほぼ遅れます。

2.『少ない費用で立ち上がる』との楽観主義!
  ◎正解は…計画の遅れは資金で埋めるしか方法がありません。

3.『資金が必要になればお金は借りられる』との楽観主義!
  ◎正解は…資金は必要なときに借りるのではなく、借りられ
   るときに借りてください。

4.『安くしても売れればやって行ける』との楽観主義!
  ◎正解は…売上至上主義ではなく、利益至上主義で経営して
  ください。

■銀行対応10のルールは…(銀行融資プランナー協会)

●ルール1;銀行交渉は、いかなる時も前向きに…
      「日傘」しかないからです。
      (※一部の制度融資・保証商品は除きます。)
●ルール2;『資金のダム』を作ってください。
      『お金は、借りられる時に借りられるだけ借りておく。』
●ルール3;財務諸表、自己資本比率等々、
      中小企業には(ほとんど)無関係です。
●ルール4;無借金経営は最終的な目標です。
●ルール5;運転資金は毎年借り直す。
●ルール6;取引銀行は、分相応が良い。
●ルール7;銀行とは信義に沿って付き合う。
●ルール8;銀行対応は、原則書面で対応する。
      口頭対応のみではNGです。
●ルール9;創業時融資で最大限の調達を。
●ルール10;リスケも前向きに。
       口頭ではNG、計画書が絶対に必要です。

創業者から中小零細企業までは、自社のルール(借り手の論理)
よりも金融機関のルール(貸し手の論理)に適合するしかありま
せん。また、金融機関は重要な取引先の一つと考えて対応するこ
とをお薦めします。決して損にはなりません。

…次回につづく

経営コラムの最新記事