重要な経営法則(その2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『重要な経営法則(その2)』
5.マネージメントの愚行(ピーターの法則)
6.イノベーションは、生産者からの提案が起点!(シュンペーター)
7.過度な客指向からの決別を…(SP経営協会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…前回からのつづきです。

中小零細企業におけるその経営の良し悪しは、そのほぼ100%
が経営者一人の力量によって決まります。また、その力量の一
つは知見の有無です。知っているか知らないかです。(別次元
で行動力の有無等がありますが、別の章に譲ります。)
経営者として知っておくべき知見は星の数ほどありますが、ほ
んの一部を紹介します。

■マネージメントの愚行、ピーターの法則〔ウィキペディアよ
り引用〕により、以下の愚行が提唱されています。
〔南カリフォルニア大学教授の教育学者ローレンス・J・ピー
ター(Laurence J. Peter)によりレイモンド・ハル(Raymond
Hull)との共著 THE PETER PRINCIPLE の中で提唱された。〕

1.能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。
  すると有能な平(ひら)構成員も無能な中間管理職になる。

2.時が経つにつれて人間はみな出世していく。無能な平構成
  員はそのまま平構成員の地位に落ち着き、有能な平構成員
  は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層
  は無能な人間で埋め尽くされる。

3.その組織の仕事は、まだ出世の余地のある、無能レベルに
  達していない人間によって遂行される。

今後のマネージメントや、自身のキャリア形成に大変役立つ知
見です。頭の引き出しに、所番地を決めて保存してください。

■イノベーションは、生産者からの提案が起点!(シュンペーター)

「経済における革新は、新しい欲望がまず消費者の間に自発的
に現われ、その圧力によって生産機構の方向が変えられるとい
うふうに行われるのではなく…(略)…、むしろ新しい欲望が
生産の側から教え込まれ、したがってイニシアティブは生産の
側にあるというふうにおこなわれるのが常である」(シュンペ
ーター)

○日常的に高頻度で消費する食品や雑貨、様々なサービスを、
消費者の近隣に高密度で配置したコンビニチェーン、この業態
を消費者は自ら望んだでしょうか?これらを利用してその恩恵
を知り、結果としてなくてはならないそれになったはずです。

○スマートフォンを手元に置いているはずです。この様な機能
を備えたIT端末を消費者は自ら望んだでしょうか?こんなこ
とができるから、便利で楽しいから、…ぜひ使ってください、
といわれて使い始めたら手放せなくなったはずです。

マーケットインではなく、プロダクトアウトする力、この創造
力こそ起業力(企業力)です。

■過度な客指向からの決別を…(SP経営協会)

「日本の企業は顧客の声を聞きすぎる。顧客の過度な要望への
対応は、企業を疲弊させ、低生産性の元凶になっている。顧客
を神さまと勘違いして、過剰な対応を行うということは、一方
で、自社の経営と社員を疲弊させることになる。顧客に提供す
るサービスの内容と、負担いただく価格のバランスが、国全体
として崩れてしまっていることが、日本の生産性を著しく低く
してしまった。〔お人好し症候群〕が起点となり、〔分散症候
群〕と〔安売り症候群〕が常態化している。…」(SP経営協会)

「…日本の2015年度の時間当たり労働生産性は、OECD35
カ国中20位で42.1ドルです。米国68.3ドル、ドイツ65.5ドル、
イタリア51.9ドル…」〔公益財団法人日本生産性本部労働生産
性の国際比較2016年度版から引用〕

日本人が、国を挙げて「働き方改革」に取り組まねばならない
ほど、日本人は長時間働いています。一方、上記の国際比較か
らもわかるように、時間当たり生産性は極端に低い状況です。
では、なぜ時間当たり生産性がこれほど低いのでしょうか?

1.労働が間延びしているから、店舗ビジネスでは営業時間が
  長すぎるから。
2.価格が安すぎるから、総じて皆が安売りを仕掛けているか
  ら。
上記の二つの仮説には一定の信憑性がありそうです。
(※諸説ありますが。)

どうすればよいか…答えは案外単純です。営業時間・アイテム
を絞り込む、値上げすることで顧客を選別する、この活力を利
用してより高付加価値、アッパーニッチのマーケットでプロダ
クトアウトを活発に行うことがこれからの中小企業経営を成功
させるポイントになるはずです。

…次回につづく

経営コラムの最新記事