両立支援等助成金について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)について』
…介護離職の防止に向けて今から準備を始められては
  いかがでしょう。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この助成金は、従業員の介護離職を未然に防止するため、職場
と介護の両立に資する職場環境を整備し、「介護支援プラン」
の策定・導入により、従業員が円滑に介護休業を取得し、職場
復帰した場合等に支給される助成金です。

従業員がいつ介護に直面するかは予測がつきません。急な対応
に備えて、先ず職場環境の整備を始められてはいかがでしょう。

概要をみておきましょう。

■支給額
次の(1)、(2)について、それぞれ1事業主あたり2回ま
で(無期雇用者1回、期間雇用者1回)利用できます。

(1)介護休業を取得する場合
1か月以上の介護休業取得後に原職に復帰して継続雇用する場
合に次の金額が支給されます。
※( )内は生産性要件を満たす場合の金額です。
◇中小企業:57万円(72万円)
◇中小企業以外:38万円(48万円)

(2)介護制度を利用する場合
時差出勤制度や所定外労働の免除制度を3か月以上利用する場
合等に次の金額が支給されます。
※( )内は生産性要件を満たす場合の金額です。
◇中小企業:28.5万円(36万円)
◇中小企業以外:19万円(24万円)

■支給要件
次の(1)から(4)の取組をすべて行うことが要件です。

(1)職場環境整備
「介護離職を予防するための両立支援対応モデル」に基づいて
次の4つの取組を実施します。
◇社内アンケート調査による仕事と介護の両立に関する実態把握
◇介護休業等の社内制度の設計・見直し
◇研修の実施、制度の周知
◇相談窓口の設置、周知

(2)介護支援プランによる介護休業の取得等の支援について
   明文化・周知
介護支援プランによる介護休業の取得等の支援についての文言
を、就業規則や内部通知等に明文化し、社内報等により従業員
に周知します。

(3)介護支援プランの策定・導入
従業員が円滑に介護休業等の制度を利用し、職場復帰できるよ
うに支援するためのプランを策定します。

(4)介護支援プランに沿った介護休業等の制度の利用
1か月以上の介護休業取得、あるいは3か月以上の時差出勤制
度等の利用が対象です。

詳しくは厚生労働省のホームページからご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/

家族の介護に直面する従業員はこれから増えてきます。
また、介護は何時、どんな状況で直面するか予測がつきません。
今から職場環境の整備に取組むことをお勧めします。

経営コラムの最新記事