人事評価制度改善等助成金について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『人事評価制度改善等助成金ついて』
 …人事評価制度の導入による生産性の向上を支援してくれる
  助成金です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国は『働き方改革』を重要な政策の一つとしています。そして
『働き方改革』を進めて行くうえでのキーワードの一つに『生
産性向上』を挙げています。それは、今後、労働力人口の減少
が見込まれる中で経済の持続的成長を図っていくためには、個
々の労働者が生み出す生産性を高めていく必要があるからです。
このため、企業における生産性向上の取組を支援する施策が次
々と打ち出されています。

新設される「人事評価制度改善等助成金」もその一つです。
この助成金は、生産性の向上と人材不足の解消のため、生産性
向上に資する人事評価制度と賃金制度を整備することを通じて
生産性向上を図り、賃金アップ及び離職率の低下を実現した事
業主に対して助成を行うというものです。

概要をみておきましょう。

■助成金額
(1)生産性向上に資する人事評価制度及び賃金制度(人事評
価制度等)を整備した場合に50万円を助成。
(2)人事評価制度等の整備から1年経過後に、生産性向上、
賃金引上げ及び離職率低下の目標を達成した場合に、更に80
万円を助成。

■主な要件
仕事の評価を賃金に反映させる制度を設ける必要があります。
また、人事評価制度等の整備から1年経過後に次の3つの要件
を満たす必要があります。
(1)生産性が一定程度改善していること
(2)離職率が数ポイント低下していること
(3)賃金が2%以上増えていること

■生産性の計算
厚生労働省では、労働関係の助成金における「生産性」の算定
にあたり、「生産性要件算定シート」を用意しています。この
シートを利用して損益計算書や総勘定元帳から、該当する勘定
科目の金額を転記することで算定できます。
※「生産性」は、(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不
動産賃貸料+租税公課)÷雇用保険被保険者数で計算します。

「生産性要件算定シート」はこちらからご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/kyoutuu02_3.pdf

『働き方改革』を推進するため、今後も様々な支援策が打ち出
されます。状況に応じて有効にご活用ください。

経営コラムの最新記事