リスケジュールからの脱却のすすめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『リスケジュールからの脱却のすすめ』
…受け身ではなく積極的に正常化に挑戦しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年に起きたリーマン・ショックを受け、中小企業の倒産や
破産を防ぐ目的として、2009年に中小企業金融円滑化法が実施
されました。同法に基づいて、多くの中小企業様が借入返済の
リスケジュールを実施することとなりましたが、現在までリス
ケジュールを継続している企業様も多くいらっしゃいます。

リスケジュールは、返済負担が軽減されるというメリットがあ
る一方で、リスケジュールを継続している間は、新規融資を受
けられないという大きなデメリットがあります。一度リスケジ
ュールを行うと、中々正常化できない要因はここにあると思い
ます。

経営状況が悪化した際に、取り敢えず止血をするという処置は
全く間違っていません。しかし、弱った体を回復させるために
は、エネルギーの注入が必要不可欠です。事実、リスケジュー
ルを実施した企業様は、売上高が毎期じりじりと下がっていく
傾向が見受けられます。新たな資金が入らないため、思い切っ
た投資ができないことが要因のひとつです。

もし、貴社が、「一定の割合で業績は回復したが、元の金額を
返済できるほどではないため、リスケジュールを現在も継続し
ている。」という状態ならば、リスケジュールからの脱却に挑
戦できるかもしれません。

リスケジュールから脱却する方法は、「返済を元の金額に戻す」
だけではありません。元の返済額より少ない金額でも、長期の
返済に借換えすることができれば、脱却することができます。
元の返済額が100万円で、現在は30万円の返済しかできていない
としても、仮に3,000万円の借入残高があった場合、30万円×
100回払いの借入に借換えできれば正常先となります。

ただ、「リスケジュールが継続できれば、現状の資金繰りは問
題ない。」という企業様からは、「もうこれ以上借入は増やし
たくない。」「借りることができても返済ができるか不安。」
「現状維持(リスケ状態)で構わない。」という声もございま
す。確かに、借入で苦労されたので慎重になるのは当然のこと
と思います。しかし、最も気にしていただきたいのは、何の投
資もせずに数年後も今と同じキャッシュフローを確保できるか
という点です。過去数年の決算書を並べて見て、わずかでも売
上が減少傾向にあるならば、今のうちに手を打っておくべきだ
と思います。

信用保証協会も、リスケジュールから脱却するための保証制度
を用意して、正常化を支援しようとしています。勇気を持って、
正常化にチャレンジしましょう。

経営コラムの最新記事