ベンチャーキャピタルから投資を受けられる会社様の条件は!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ベンチャーキャピタルから投資を受けられる会社様の条件は!』
…ベンチャーキャピタルファンドの組成が活況です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下は、昨年の11月17日から18日にかけて渋谷ヒカリエ
で開催されたTechCrunch Tokyo 2016のレポート記事より引用
させていただきました。「 」内は引用です。

「…そもそもスタートアップに投資するお金、つまりベンチャ
ーキャピタルファンドに流れるお金はどのように推移している
のか。最近ではスタートアップの大型調達のリリースを耳にす
る機会も増えているので、ベンチャーキャピタルの資金も増え
ているはずだ。1年間のベンチャーキャピタルファンドの組成
額は、ここ数年2000億円付近を推移している。ピークと言われ
る2006年は3500億円に達していたが、その後2008年のリーマ
ンショックから続く金融危機の影響を受け、2009年、2010年
は250~300億円と10分の1まで落ち込んだ。そのような時期を
経て、やっと回復してきているという。村田祐介氏(インキュ
ベイトファンド代表パートナー)の調べによると、2016年上半
期の組成額はすでに2500~2600億円程で、今年度は3500億円
に達するのではと予想する。…」

ベンチャー企業向けの投資用のファンドがどんどん組成されて
います。ベンチャーキャピタルの投資が活発です。投資する際
の企業価値評価も、総じてポジティブ、一部は株価が高騰して
いると言われています。

事業を積極的に仕掛けて、飛躍させたいと考えておられる社長
様は、エクイティーによる資金調達にも挑戦してください。

※銀行借り入れなどによる調達をデッドと呼びます。これは借
入れです。元金に金利を乗せて返済します。一方、エクイティ
ーとは、自社の株式を新たに発行、買い取ってもらうことで資
金を調達します。返済義務はありませんが、投資家は株主とし
て議決権を行使します。
デッドとエクイティーの中間的な転換社債や、議決権を抑えて、
配当を優先する、または、近未来の業績に応じて株価が変動す
る…様々な種類株もあります。会社側と投資家の利害を調整す
る手法も進化してきました。

■エクイティー資金の投資を受けられる会社様の条件を整理し
ます。

◆1:事業性
○会社を成長させて事業を世に問う、近未来に株式公開などを
目指すことが条件になります。一定以上の社会性を有すること
も条件です。

◆2:経営者の考え方
○資本を他人から受けて、言いかえると、第三者を株主に迎え
入れて経営ができることが条件になります。経営が変わります。
この決意が必要です。

◆3:将来の収益性
○5年~7年以内に株式公開基準をクリアーできる事業性が必
要です。例外を除いて、5~7年以内に数億円程度の純利益を
継続的かつ、増益基調で計上できる収益性が必要になります。

◆4:足元の実績または、経営者の実績・経歴
○一定の事業実績が必要になります。
・5年後に売上高20億円、営業利益4億円を計画、実績は、前
々期の売上高が1億円で営業利益が▲1,000万円、前期の売上高
が2億円で営業利益が2,000万円、今期は半期で売上高が2億円、
営業利益2,000万円、これならわかり易いですね。
・収益が伴っていなくても、例えば会員組織を作って将来利益
を見込める蓋然性が高い、この場合などでは、その会員数の推
移が実績になります。確実に組織が構築されていて、将来的に
利益を計上できる合理性があればポジティブです。

○実績が少なければ、経営者の経歴と事業性を評価します。
すごい人が、その経験に沿ったすごいことをやる、これに近い
ほど投資評価はポジティブになります。業績の裏付けがなけれ
ば、経営者の経歴と事業性が重要になります。ただ、事業実績
無しの立ち上げ時に投資を受けるのは難解です。ほぼ無理です。

※エクイティー資金の調達は、金融機関借入に比して容易では
ありません。

■投資家へのアクションは…
投資家側も事業を探しています。投資に値する事業を見つける
のに躍起です。

◆1:説明資料を準備してください。
・経営者の経歴・経験、今の事業に至った経緯・理由
・事業の有望性と自社が取り組める理由
・中期計画概要、短期的な攻めどころと資金需要(何にお金が
必要か?)
・足元の業績

◆2:投資家を探してください。
・ベンチャーキャピタルの所在を探すことは容易です。ホーム
ページで検索すれば出てきます。直接電話をして話せば対応し
てくれます。投資家側も事業を探しています。
・ご縁があれば紹介を受けてください。ポイントは、エクイテ
ィーに縁深い一社・一人を見つけることです。エクイティーの
世界は、横のつながりが深く、一社・一人が多くの仲間を紹介
してくれます。

■投資を受ける際には、よく理解してください。

◆1:投資家も納得する事業計画が必要です。

◆2:それに沿った資本政策が必要です。あわせて株価も決ま
ります。

これらは、投資家と協議をしながら決めることになります。注
意すべきは、名のあるベンチャーキャピタルは総じて紳士では
ありますが、それでも株価は安い方が良い、一方、会社側は株
価を高くしたい、この利害が存在します。
また、企業価値=純資産+将来利益、この将来利益に会計上の
正解は存在せず、売り手と買い手の目論見で決まります。会社
側も専門家の助言を受けた方がよいでしょう。

エクイティーに対する知見は、多岐にわたる複雑な内容です。
すべてを理解することは容易ではありませんが、要点だけでも
留め置きください。

経営コラムの最新記事