仕事に対するスタンス

ここでは、代表税理士石田雄二に聞いた「税理士の仕事に対するスタンス」についてのインタービューを通じて、人物像をご紹介させていただきたいと思います。

>>税理士 石田雄二のご紹介

>>税理士 石田雄二の7つの強み

>>これから起業をお考えの方へ

Q1.税理士の仕事とはどんなものだと考えますか?

中小企業唯一の「顧問」として、社外重役に近い参謀役として機能すべき職業だと考えています。
一般的には、税務会計の専門家として「税務書類の作成」を主に行うと解される職業ですが、経営予算に限りのある中小企業にとっては、税理士のみが中小企業と顧問契約を締結している唯一の存在になっているケースは非常に多く、結果、必然的に経営に関するありとあらゆるご相談をお受けする、そんな役割を担っている職業と考えています。

Q2.税理士をしていて一番嬉しい時、税理士でよかったと思う時はどんな時ですか?

お客様が、私や私の事務所との出会いを心から喜んで下さった時、とても私は喜びを感じます。
私たちが行う仕事は、お客様の経済活動に非常に大きな影響を与えるが故に、良い仕事ができた時にお客様からいただける感謝のお言葉は格別です。
「若い頃から一生懸命勉強を続けてきて、本当に良かった!」、正に、心からそう思える瞬間です。

Q3.お客様に対して「やらなければよかった」、やってしまって後悔したことは何ですか?

印象として、あまり後悔するようなことはありません。
ただ、強いてあげるならば、事業の撤退勧告ということも、熟慮の上でもっと思い切って提案すべき局面があったのではないか? そんな思いはあります。

Q4.どんな税理士になりたいですか?

経営に強い税理士になりたいです。
これから事業を立ち上げたり、今の経営をもっと良くしたいという意欲の高い事業経営者にとって、頼りがいのある、かつ、技能・経験とも申し分の無い「起業家コーチ」と呼ばれるような、そんな税理士になりたいです。

Q5.お客様にとって、どんな会計事務所でありたいですか?

「中小企業経営」というジャンルにおける、絶対的な「デパート」を目指したいです。
現在はまだまだ不十分ですが、「事業を起こしたい!」「自社の経営をもっと良くしたい!」そう思う多くの事業経営者に対して、税務・会計という限られたスキルを提供するのではなく、もっと広範な技能・情報を提供し得る、そんな会計事務所になりたいです(そうなると、もう会計事務所という事業形態ではなくなっているかも知れませんね!)

Q6.得意な分野はなんですか?

「経営者向けの勉強会」です。
若い頃から、税理士受験予備校の講師や大手ハウスメーカー等が主催するセミナー講師を務めたりという機会が多かったこともあり、何かを学ぼうという意欲の高い方に接するのはとても楽しく感じています。
今後は、税務・会計という学術的な勉強会に固執することなく、もっと楽しみながらビジネス等を学べるプログラムが用意できないものかと思案しているところです。

Q7.お客様と接する際に、気をつけていることはなんですか?

「お客様が本当に一番欲っしておられるものは何か?」そこをピンポイントで見ています。
こう言うと、あまり可愛げの無い人間に見えるかも知れませんが、私はあまり愛想笑いや必要以上に長過ぎる世間話などに時間を割くのは好みのスタイルではありません。
勿論、互いの人間性を知り、理解し合えることで初めてビジネスはスタートできますので、そのことを軽視するつもりは一切ありませんが、お客様が本当に求めているポイントに応えられないのでは、何を言ってもやってもご満足はいただけないものと本質理解しています。

Q8.今後、税理士としてどうなりたいとお考えですか?

まだ、生涯現役を貫くか、一定の年齢で仕事を完全に離れるかまでは決めてはおりませんが、歳をとるごとに色々なことを寂しく感じる人生にはしたくないという思いを強く持っています。
若い頃と同じことはできないかも知れませんが、良い生き方を貫ければ、逆に「歳を重ねるごとに幸せになれる」。そんな生き方もきっと有るし、またそれは可能であるとの思いを持ち、現在生きています。